【A/Bテストを簡単に】Googleオプティマイズの使い方 & テストしてみた

ABtest

こんな人に見てほしい

[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://jujitsu-life.work/wp/wp-content/uploads/2021/01/hola-man.png” user_name=””]Googleオプティマイズについて知りたい人向けの記事です[/speech_balloon_left1]

この記事でわかること
[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://jujitsu-life.work/wp/wp-content/uploads/2021/01/hola-man.png” user_name=””]Googleオプティマイズの使い勝手、使ってみた感想を記します[/speech_balloon_left1]

Googleオプティマイズって何?

Googleオプティマイズ

サイトパフォーマンスをあげるのにデザインをどうするか、ボタンの配置をどうしたらいいか、決めづらくないですか?そんな悩みを解消するのがGoogleオプティマイズです。
Googleオプティマイズの利用で下記が実現できます。

A/Bテスト

A/Bテストとは、同期間に、Webページの一部の要素のパターンAとパターンBをランダムに表示し、どちらが大きな成果をあげるかを確認するテストです。
どちらのパターンが成果に繋がるを検証できます。
ab

リダイレクトテスト

リダイレクトテストとは、Webページ全体を出し分けで成果を確認するテストです。
ページ全体のデザイン、コンテンツを検証できます。
(一部の要素ではなく、WebページそのものをA/Bテスト)
redirect

多変量テスト(MVT)

多変量テストとは、複数の要素があるときにどの組み合わせの成果が最大化するかを判断するテストです。
ボタンや画像、見出しなどの要素の組合せが複数あるとき、各組み合わせごとの成果を検証できます。
MVT

メリット

無料

何より無料なのがすごい。必要なのはGoogleアカウントとGoogle Chromeブラウザだけ。
(前職で同様のWebマーケティングツールを営業していた自分にとって、このサービスは衝撃的でした。。笑)

実装が簡単

Google Chromeの拡張機能の導入でとても簡単にテストしたいデザインを、直感的操作で構築できます。

結果・集計も簡単明瞭

テスト結果は自動で集計。また、セッション数・コンバージョン数・コンバージョン率といった重要な指標を教えてくれる。

実装してみた & 感想

実装方法

Googleにログインしてから、Google オプティマイズにアクセスして早速実装してみましょう。

  1. エクスペリエンスを作成
  2. Googleアナリティクスへのリンク
  3. Googlechrome拡張機能をインストール
  4. テストの作成

といった手順を進めてください、詳細は割愛します。

A/Bテストやってみた

条件

一般的には、上部にあるボタンのほうがクリック率がいいと言われています。
今回はスマホ端末におけるファーストビュー直下にあるメニューボタンを利用して、A/Bテストを実施。

オリジナル:オレンジ枠のボタンが最下部に配置されているメニュー
テストボタン(スマホ向けイベントボタン):オレンジ枠のボタンが最上部に配置されたメニュー

この2パターンを作成、50%づつで、左に配置されている[個サル]ボタンのクリック数を比較してみました。

オリジナル スマホ向けイベントボタン
オリジナルデザイン スマホ向けイベントボタンデザイン

結果

期間:
2021年3月11日(木) 15:55 JST ~ 2021年5月29日(土) 14:30 JST

収集されたセッション数:
8,263

オプティマイズスクショ

最適である確率や改善率などが一目でわかる形で確認できます。
今回はテストで作成したデザインが最適である確率が86%という結果になりました。

着目したいのはレポート画面のに表記される「ステータス メッセージ」。
今回は下記のような概要になりました。

noreader

今回のステータスメッセージ:リーダーが見つかりませんでした
詳細を確認すると、「その成果はオリジナルとほとんど変わりないことを意味しています」とのこと。
個人的には86%なのに成果出てないの?って感じでしたが、「オリジナルを上回る確率(PBO)」が 95%以上になるものを見つければリーダーになるようですね。

感想

とにかく簡単にテストができるので、オススメです。
繰り返しテストを行えば、洗練されたサイトデザインに辿り着くこともできるのではないでしょうか。

[Googleアナリティクス分析]【美容サービス】メニューページデザイン改修の場合

report

この記事でわかること
[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://jujitsu-life.work/wp/wp-content/uploads/2021/01/hola-man.png” user_name=””]閲覧の多いメニューページのデザインを変更。効果のほどをアナリティクスで確認してみた。[/speech_balloon_left1]

背景

女性向け美容サービスを行うウェブサイトより、レポート報告とデザイン改修の依頼を頂戴。
今回はその改修の効果をアナリティクスより確認してみました。

デザイン改修をしたのはメニューページ。
ページの見え方がユーザ向けに親切なものではないので改修されたいとのことでした。
具体的には「ページが長い、見づらい」「メニュー構造がわかりづらい」「申込への誘導ができていない」など。

Googleアナリティクスを見てもメニューページはアクセスが多く重要なページの一つでしたが、テキストベースのメニューページは改修の価値がありだと感じました。

アナリティクスキャプチャ1アナリティクスキャプチャ2

変更点

参考にしたい競合サイトのデザインや機能を共有し、変更点を決めました。大まかには下記のとおり。

  1. 「セットメニュー」「単品メニュー」の可視化(色分け)
  2. ページ内スクロールボタンの追加
  3. 【予約ページ】ボタンの設置

変更の結果

結論:デザイン変更の効果はあったと考えられる。

数値の変化

アナリティクスキャプチャ

平均ページ滞在時間 直帰率
2021/03/12 – 2021/04/04
(改修前)
00:02:14 72.34%
2021/04/06 – 2021/04/30
(改修後)
00:01:27 53.05%

数値から推測できること

  • 直帰率が下がっている > わかりづらいために離脱する人が減っている
  • 平均ページ滞在時間が短くなっている > メニューページで目的を見つけやすくなっている

(感想)絵に描いたような結果でよかった

自分の感覚としては、今回ご依頼を頂いた方からは”数値”よりも、”見た目”の変化のほうが大きく感謝された印象でした。
依頼主の不満点を解消して、数値にも効果が表れたので今回の作業の価値は大きく感じました。

本来であればアナリティクスの機能の1つである”ページの価値”を見てCVへの寄与も判断要素に入れたいところですが、このサイトの場合は申込ページにてLINE@への誘導も行っており、CVの数値が正しく測れない状況のためにお客さまのレポートには含めませんでした。
※参考までに、”ページの価値”は改修前¥286 から 改修後 ¥788 となり、正確な数値ではないにしても改修効果はあったと言えると思います。

【ホームページって必要?】メリットやリスクについて解説

こんな人に見てほしい

[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://jujitsu-life.work/wp/wp-content/uploads/2021/01/hola-man.png” user_name=””]ホームページを作ろうか迷ってるけど、そもそも必要かわからないという方向けの記事です[/speech_balloon_left1]

この記事でわかること
[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://jujitsu-life.work/wp/wp-content/uploads/2021/01/hola-man.png” user_name=””]どういう人にホームページの必要なのか、ホームページを持つメリットやリスクを説明します[/speech_balloon_left1]

ホームページは必要なのか

今ホームページを持っていない人はホームページが必要かどうか悩んでいますか?
また、持っているけど活用できている実感のない人はその価値に疑問を抱いていますか?
ホームページの必要性は誰もが抱く疑問だと思います。

ビジネスの成長には必須アイテム

結論から言うと、ホームページはビジネスの成長には必須アイテムだと思います。

例えばB to Cのビジネスを始める際にはSNSで告知・集客もできるし、業種によってはポータルサイトで十分に集客窓口になるかもしれません。
ただ、ホームページがあれば集客、競合との差別化、人材獲得など、様々なシーンでサービスや会社の”信頼性”に繋がります。さらに会社名義の銀行口座を作成したり、法人相手にビジネスを展開する場合でもホームページはあると便利です。

ホームページの種類

ざっくり下記5つに分類することができます。

  1. コーポレートサイト
  2. サービスサイト
  3. ECサイト
  4. メディアサイト
  5. リクルートサイト

サイトによっては複合的に機能を持っているものもあります。

ホームページを持つメリット

3つメリットあげるとしたら「営業力」「信頼力」「発信力」

SNSの発信も顧客との接点に直結するものですが、ホームページの重要性はGoogleがある限り落ちることはないと思います。
その中でホームページは「営業力」「信頼力」「発信力」を発揮してくれることでしょう。

営業力

広告によるアプローチは世間に周知をしてくれるが一時的なもの。
SNSも顧客層によっては効果的ですが、アカウント運用には人的コストがかかります。
ホームページからの発信はいつでも24時間アクセスした人に情報を届けてくれます。長い目で見ればホームページの営業力は大きなものになるでしょう。

信頼力

ホームページがなくてもビジネスを始めることができますが、競合他社を意識する場合にはサービスや組織の信頼力のためにホームページは必須でしょう。
テキストや写真、動画から伝わる情報も信頼に繋がりますし、ホームページの存在が信用に繋がる場面もあります。

発信力

ファンに向けてホームページから届けたい情報を発信することができます。
また販路の一つとしてホームページがあることは発信力に大きく貢献することになるでしょう。

リスクも正しく把握したうえで

持っているだけでは意味がない

ホームページには運用力も欠かせません。
サイトにたどり着いたユーザのためにも、Googleの評価のためにも、更新されないホームページは価値さげてしまいます。

古い情報や見づらいデザインは不信感に

いまや誰もがスマホ片手に情報を求める時代。誰もが簡単にインターネット経由で情報に辿り着ける環境が整っています。
そこで今サービスを受けたいお客さまにとって、情報が更新されていない場合は不信感に繋がる恐れがあります。

ランニングコストも少なからずかかる

外注と自作でコストが大きく異なります。

外注の場合、初期費用もランニングコストもかかりますが制作会社によって価格はピンキリです。
サービスによっては運用費という名目でランニングコストもかかるので、慎重に選ぶことをオススメします。

自作の場合、ランニングコストは抑えようと思えばサーバとドメイン代で年間5,000円程度、好きなドメインで安心感のあるサーバでも年間20,000円あれば十分です。

補足:Googleに評価されれば更新が楽しくなる

アナリティクス

アナリティクス、サーチコンソールなどの無料ツールを使えばサイトに呼び込んだ人の流れを可視化できます。
またスマートフォン最適化やGoogle AdSense導入などでGoogleに評価してもらえば、もっとサイトに人を呼び込みたくなり、サイト運用も楽しくなると思います。
楽しみながらサイト運用ができれば最高ですね。

【作るだけでは意味ない】集客に繋げるためのホームページ運用は何をしたらいいのか

こんな人に見てほしい

[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://jujitsu-life.work/wp/wp-content/uploads/2021/01/hola-man.png” user_name=””]ホームページを持っているけど、効果的に集客できていない人向けの記事です[/speech_balloon_left1]

この記事でわかること
[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://jujitsu-life.work/wp/wp-content/uploads/2021/01/hola-man.png” user_name=””]見込み客に向けて上位表示を狙うための効果的なホームページ運用の仕方がわかります[/speech_balloon_left1]

評価されるホームページには運用が必要

ホームページは星の数のほどある

ホームページは誰にでも作れる時代、実態としてあるものでも4~5憶あると言われています。
もはやホームページは作っただけでは意味がありません。

SNSでホームページに呼び込むにも、SNSアカウントを認知してもらう必要や運用ノウハウが必要です。
広告を出す効果もあるかもしれませんがコストがかかったり、長期的には広告依存になってしまうリスクもあります。
なのでここではホームページでの記事上げについてお伝えします。

記事上げによる運用で上位表示を

固有名詞で検索するヨミ率の高いお客さまではなく、キーワードで検索をした比較検討中の見込み客に向けて上位表示が狙えるようにあなたのホームページがGoogleに評価されなければいけません。
※GoogleアナリティクスやSearch Consoleなどのツール導入は必須です。

そのために記事上げによる効率的なホームページ運用をしたいです。

集客のためにはどのように記事上げをすればよいか

“ホームページにどんどん記事を上げよう!”と意気込む前に、準備が必要です。
「書けるもの」「書きたいもの」を記事にしても閲覧数は期待できず、評価に直結するとは限りません。

では具体的に誰にむけて、何をどうすればかというと
“人”と”Google”に向けて“ユーザの疑問”を解消する記事を上げればよいです。

Googleの検索エンジンに評価されるものを

Google が掲げる 10 の事実というものがあります。常にブラッシュアップされるこのルールに沿って、Googleは記事を評価します。
https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

Google が掲げる 10 の事実

端的に言うと、検索エンジンに求められる記事は下記のとおりです。
“ユーザの疑問に対して、最高の回答をくれるもの”

検索されるワードを探す

“ユーザの疑問”を解消する記事をあげる際に気をつけないといけないことがあります。
それはユーザの疑問を勝手に想像してしまうことです。
“書けること”や”書きたいこと”など、見当違いのコンテンツ上げにリソースを割いてしまうことのないようにしたいですね。

ユーザの疑問を見つけるにはラッコキーワード( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))を利用をオススメします。キーワードと一緒に検索されるワードを拾うことができるツールです。
https://related-keywords.com/

ラッコキーワード

手順は下記のとおりです。

  1. メインのキーワードと一緒に検索されるふたつ目のキーワードを抽出
  2. ふたつ目のキーワードと一緒に検索されるみっつ目のキーワードを抽出
  3. みっつ目のキーワードリストをシークレットブラウザで検索、検索数が少ないリストを作る(目安は1,000,000以下)
  4. 3で作成したリストから、次はシークレットブラウザでintitle:で検索、検索数が多いのものを選択(目安は10,000件以上)
  5. 4でできたリストを含むタイトルで記事タイトルを作成

目安について、業界やキーワードで異なるのでそれは運用しながら落としどころを見つけるといいと思います。

見やすい、認知されやすい形で書く

評価されやすいコンテンツを用意できたら、それを見やすい、認知されやすい形で見せることも忘れてはいけません。

見やすく、認知されやすくするために、記事には見出しタグを使いましょう。

見出しタグ:ユーザーと検索エンジンの双方にページ内のコンテンツ構成を正しく伝えるために使用する技術のこと

※見出しタグの記述に関する詳細は別記事にて紹介します。

つまり、纏めると下記のとおりです。
人に向けて見やすく、クローラー(世界中のWebサーバーと通信して、サイトの情報を収集し検索データベースに保管するプログラムのこと)に向けて認知してもらうために、キーワードを盛り込みながら見出しタグを正しく使いましょう。

補足:まずは発信したい情報をホームページから

あくまでホームページはサイト管理者がお知らせしたい情報を発信するために活用してほしいです。
このページを読むと、記事上げというのが大変な作業にも感じるかもしれません。あくまでこの記事の内容は比較検討中の見込み客に向けて上位表示を狙うためのものです。

お知らせしたい情報を発信する上でここに上げた内容を少し意識してくれるだけでも評価のされ方が変わるかもしれません、参考にして頂けると幸いです。

【簡単】自分でホームページを作る手順3STEP

こんな人に見てほしい

[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://jujitsu-life.work/wp/wp-content/uploads/2021/01/hola-man.png” user_name=””]ホームページを自作したいけど、何をしたらいいのか分からない人向けの記事です[/speech_balloon_left1]

この記事でわかること

[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://jujitsu-life.work/wp/wp-content/uploads/2021/01/hola-man.png” user_name=””]何をすればホームページが作れるかの手順3STEPを紹介します
WordPressという無料のソフトウェアでホームページは簡単に作れます[/speech_balloon_left1]

自分でホームページを作る手順 3STEP

① Googleアカウントを作成

Googleアカウントを作成しましょう。
後ほどに出てくるドメインやサーバ申込関連のメールをまとめたり、サイトの分析(Googleアナリティクス、サーチコンソール)などにもGoogleアカウントが必要になります。
既にアカウントをお持ちの方はそれを利用できますが、仕事関連の情報を纏めるためにも新規でアカウントを作成するのをオススメします。

Google アカウントの作成:
https://www.google.com/intl/ja/account/about/

② ドメイン、サーバを取得

ドメインとサーバを取得する必要があります。

ドメイン:インターネット上の「住所」のこと
サーバ:必要なデータを送り返す役割をもつコンピューターのこと

無料、有料ありますが、広告など表示させないためには有料のサービスを利用が必要です。

個人的にはドメインの取得はお名前ドットコム、サーバの申込はエックスサーバがオススメです。
合算しても20,000円/年あれば十分です。

お名前.com:
https://www.onamae.com/

お名前ドットコム

エックスサーバー:
https://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバー

※③に行く前にドメインとサーバを購入後にネームサーバーの設定が必要です。
お名前ドットコムの管理画面から、対象ドメインのネームサーバーを購入したサーバが指定するものに変更します。
エックスサーバーの場合は下記のとおりです。

ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

エックスサーバーサーバー情報

③ WordPressをインストール

サーバの管理画面上でWordPressをインストールします。

おめでとうございます。
これができれば、もう完了です。

でも、このままではただの箱

これではまだ発信もできません。中身もからっぽなので、googleに評価もされません。
一番大切なのはホームページから価値を発信、提供することです。